ゴルフ初心者向けの「アドレスの作り方」

こんにちは。百下です。

初心者ゴルファーにとって、切っても切れない難関、それが「アドレス」作りです。
それは、正しいアドレスとは正しいスイング、正しい打球に繋がるからです。

かくいう私、百下も、未だに大苦戦している所です。
練習の上で大変参考になった記事と一緒に、アドレス法をまとめて行きます。

正しいアドレスを身に着けるために

そもそもアドレスとは

おさらいですが、ゴルフでいう「アドレス」とは、打球の際の姿勢、そのもの。

このアドレスを基本として、テイクバック(バックスイング)、ダウンスイング、フォロースルー、フィニッシュ、と流れていきます。

正しいアドレスをすることで、クラブヘッドが正しい位置に導かれ、正しい打球をすることができます。

アドレスの崩れが招く悲劇

アドレスが正しくないと、どんなことが起こるのでしょうか?

まず、正しいアドレスが手に入れられないと、体が安定せず、毎回のスイングにぶれが出てしまうことが考えられます。

次に、直接的な影響として「トップする」「ダフる」確率が上がります。
正しいアドレスは、クラブヘッドを正しくボールの位置に誘導するものといっても過言ではありません。
それが正しく形成できないという事は、ヘッドがクラブに当たる事も難しくなってきます。

無理して当てようとして、スイング全体が乱れてしまう危険性があります。

では、アドレスの重要性を再認識した所で、正しいアドレス作りの話に戻りましょう。
なお、私が練習中に参考にした動画はこちらです。

引用:©www.youtube.com

正しいアドレスを作るチェックポイント

正しいチェックポイントを作るには、2つのポイントを再確認するだけで十分です。
初心者の人に向けたアドバイスポイントも、併せて記載します。

ポイント1.スタンスは肩幅にひらく

足の開きは、肩幅が基本です。
左右、靴一個分の幅を開くと、ちょうど肩幅になるようです。

なお、足の開き幅を「スタンス幅」と呼びます。覚えておくと良いですね。

ひらきすぎると体が沈み込みすぎ、閉じすぎると身体が起き上ったり、インパクトがトップしすぎる結果に繋がってしまいます。

また、左右前後にふらふらしてしまうことで、スイングが安定しない、というデメリットもあるようです。

初心者の方は、まずはボールの真ん前(身体の中心線が、ボールと重なるように)立つ所から始めます。
ボールの位置は、様々な状況に応じて見直す必要がありますが、初心者として慣れるまでは「ボールは真ん前」と覚えておきましょう。

次に、体の姿勢を確認していきます。

ポイント2.上半身は30度を目安に前傾姿勢

上半身は30°を目安に前傾にしましょう。

直立した状態から、背筋を伸ばした状態で30°の角度まで前かがみになると、ちょうど理想的なアドレスの姿勢になります。

初心者向けの注意点

  • 背筋を伸ばす場合、首筋からお尻の先まで真っすぐに。
    お尻は後ろに突き出すくらいで、ちょうどよいバランスになると思います。
  • 足首から膝までは「直立」した状態になります。
    膝は少し曲がりますが、それも体のバランスをとる程度です。
    膝が前に傾きすぎている場合は、バランスが崩れている可能性が高いため、要注意。

ポイント3.腕を鉛直方向に垂らす

前傾姿勢のまま、腕は鉛直方向(地球の中心に向かって、真下)に垂らします。
垂らした状態で、クラブを握るイメージですね。

これも、前後することでアドレスの崩れ、バランスの悪さが発生してしまいます。

ポイント4.ボールとの距離感はクラブヘッドの位置に

最後にスタンスとボールとの距離感ですが、初心者の内は
「クラブヘッドの位置にボールがくるように」
位置を移動しましょう。

というのも、体格や使用するクラブによって「最適な距離感」は変わってきます。

前傾姿勢30°、腕を真下に垂らしてクラブを握る。
そして、クラブのヘッドの位置が、最適なボールの距離です。

初心者が陥りがちな間違い

まだスイングが安定しない初心者では、以下のような状況に陥りがちです。

上半身が起き上りすぎている

前傾姿勢の角度が足りないパターンです。
30°未満の角度では、体が立ち上がってしまっています。

前述のチェックポイントにもある「真下に垂らす腕」「垂直に立つ膝」という両方のポイントもクリアできていません。

手の位置が下がりすぎている

これは逆パターンで、30°以上の傾角が付いてしまっています。

膝も腕も鉛直に伸びているため問題ないように見えますが、身体が沈みすぎるとスイング時にダフる原因になりがちです。

また、姿勢が窮屈になってしまうため、体の回転が不十分だったり、その結果「手打ち」になってしまう可能性も出てきます。

正しいアドレスの見分け方

前述のチェックポイントを行えば正しいアドレスが得られるはずですが、ご自身で練習しているときは中々見分けが付かないものです。
そんな時に、見分ける方法をまとめました。

鏡でチェックする

これは鉄板なので説明不要ですよね?
ゴルフ練習場では、大きな姿見が設置している所も多数あります(壁際などが多いようです)。
そこで客観的な姿勢を確認することができます。

重心が足のどこに来ているかを認識する

正しいアドレスが出来ると、体全体の重心バランスも正しく設定できていると考えられます。
この時、両足の親指の付け根に体重がかかっていれば、正しいバランスが取れていると言えます。
逆に、体が立ちすぎると重心がかかとに寄ったり、前すぎるとつま先(指)に寄りすぎたりします。

重心がどこの位置に来ているかを認識することは、今後の正しいスイング作りでも多用するポイントです。

ご自身の重心位置は、常々意識できるようにしておきましょう。

上半身とクラブシャフトの角度は約90°か

これは人によって(というかクラブによっては)該当しないケースもあります。

前傾姿勢の角度が30°推奨である事は触れました。
これに対して、クラブのライ角は60~63°なのだそうです。

つまり、クラブシャフトと上半身とでは、90°の角度を形成することになります。

30°というのは感覚的につかみづらい場合は、90°(直角)を基準にすると、分かりやすいかもしれませんね。

※ライ角…クラブヘッドを水平に位置した場合の、水平からのシャフトの角度。

クラブヘッドが水平になっているか

前述と同じ、ライ角と前傾角度の理屈で、もう一つの確認ポイントがあります。
それは「クラブヘッドのソールが、並行になっているか」ということ。

身体が沈みすぎたり、浮き上がりしすぎると、クラブヘッドも地面に対して並行になりません。

スコアラインなど、白いマーカーが入っているクラブもあるため、それを目印にすると良いかもしれませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ゴルフ初心者にとってアドレスは、切っても切れない課題だと思います。
私も、何度も何度も見直し、何度も練習を行っています。

この感覚、この作り方が定着したとき、ようやく「初心者」から「中級者」になれるのでは、と思っています。

慣れないものを体に定着させるには、結局はたゆまぬ努力、反復練習しかありません。
皆さんもめげずに、練習に励んで頂ければとおもいます。

ではまた。

初心者のためのゴルフノウハウ帳

こんにちは。
ゴルフ初心者・百下(モモシタ)です。

このページでは、百下が個人的に収集した「ゴルフ初心者のための知識」「ノウハウ」をまとめているページです。

初心者レベルからさらにステップアップした内容も含まれます。
初めての方は「レッスン記事」とも併せて御覧ください。

ゴルフ初心者向けの「アドレスの作り方」

※現在、執筆中です。